ホーム>スプレールブログ>マタニティ>積極的に摂りたい油
マタニティ

積極的に摂りたい油

こんにちは!

水戸のエステサロン、スプレールのオーナーです☆

 

以前、油のお話をしてから、だいぶ間隔が空いてしまいました(汗)

 

 

今日は、積極的に摂りたい油のお話。

誰にも当てはまる、参考にして頂きたい事ですが、マタニティの方も、健康な食生活を心がけて下さいね☆

 

1位α-リノレン酸(オメガ3脂肪酸)

亜麻仁油、オリーブ油、しそ油、えごま油、菜種油(キャノーラ油)、クルミ、アボカド等

善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らし、体内でホルモンや細胞膜を作るのに必要。美容効果としては、アレルゲンから肌を守り、肌や髪にハリや潤いを与えます。

熱に弱く酸化しやすいので、保存に注意し、ドレッシング等加熱せずに摂り、ビタミンC、ビタミンE、βカロテンと一緒に摂るのがおススメ。

 

2位EPA,DHA(オメガ3脂肪酸)

魚(ホンマグロ脂身、養殖マダイ、ブリ、サバ、養殖ハマチ、ウナギ、サンマ、サワラ)

青魚の脂身(魚油)に多く含まれ、血液をサラサラに流れやすくして脳を活性化。動物性脂肪ですが、不飽和脂肪酸を多く含み、植物性脂肪に似ています。細胞の酸化を防ぎ、肌荒れや乾燥を改善。また、脂肪を作る遺伝子を抑制する作用があり、体脂肪が増えるのを抑える効果も期待できます。酸化しやすいので、新鮮な物を選びましょう。

 

3位オレイン酸(オメガ9脂肪酸)

オリーブ油、菜種油(キャノーラ油)、グレープシードオイル、調合サラダ油、アーモンド、ピスタチオ、カシューナッツなどのナッツ類、アボガド

血中コレステロールを低下させ、血流を促進。また、皮脂を構成し、乾燥やアレルゲン等の外敵から肌を守ります。更に、腸内の働きをスムーズにし、便秘解消にも。酸化しにくく、熱に強いので、加熱調理に向いてます。

 

以上、今後の食生活のお役に少しでもたてればと思います。

次回は、過剰摂取を避けたい油のお話、しますね。

 

 

エステ・ブライダルエステ・まつ毛エクステはスプレールへ♪

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.se-plaire.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/250

コメントする

Page Top